引っ越しの時に自分の車を輸送してもらう

引っ越しの時には、沢山の運び出す荷物がありますね。
荷造りも、不要なもの、新居に持っていく物などの選別を行いながら荷造りを行います。
そして、
引っ越し業者に頼んで運んでもらうものもあれば、自ら運ぶものもありますが、さて【車】などの場合はどのようにして運べばいいでしょうか?

 

 

 

車を運ぶ方法は大きく2つ

引っ越しの際に、車も一緒に新居に移動する場合は、大きく2つの方法があります。

  1. 自分で運転をして新居に持っていく物
  2. 専門業者に依頼をして運んでもらう

です。

手っ取り早いのが1ですが、自分で運転をして運べる距離には限界があるともいえるでしょう。

県内や隣県に引越す程度であれば自分で運転することも不可能ではありませんが、1000キロ以上も離れている場所に一人で運転をしていくのは、かなりの体力が必要になりますし、時間もかかります。

運転に自信がない、または、距離が離れていたり沖縄などの海をわたる場合は2の業者に依頼をした方がいいでしょう。

 

 

車両を輸送してもらう費用は?

引っ越し業者によっては、家具や電化製品だけではなく車の輸送もしてくれるところもありますが、車を運ぶプロと荷物を運ぶプロではやはり細かいところで違いがでてきます。

自分で業者を探すのが面倒だからといって、車の輸送も引っ越し業者に依頼をすると、相場よりもとても高くついてしまうことがありますので、必ず見積もりを取るようにしたほうがいいでしょう。

車の輸送をするのには、専門の業者もありますので、相見積もりを取ってどこの業者が安いのかを見極めることです。

無理に同じ引越し業者で依頼をしなくても、専門業者のほうが安く運んでくれる事が多いので、比較をしながら決めるようにしましょう。

車の輸送にかかる一般的な相場としては、陸送によって運ぶのか、船で運ぶのかによっても金額が違いますが、東京から大阪までの距離くらいで2万円から5万円程度が相場で、見積もりがそれ以上に高い場合には、他に安い業者がないかを探してみるといいでしょう。

それほどの金額を支払うのであれば、自分で運んだ方がいいと思うかもしれませんが、引っ越し時には他にもやらなくてはならないことがたくさんありますので、あまり無理をせずに業者に依頼をしお願いしたほうがいいでしょう。

お金がもったいないからといってあまりにも無理をしてしまうと、何かを忘れていたり、事故につながってもいけませんので、無理をしないことが大切です。

 

 

 

車両を運んでもらう場合は日程を確認

車両を陸送してもらう場合や、フェリー輸送などで運んでもらう時には、どのくらいの日数がかかるのかも把握しておかなくてはなりません。

陸を使って運ぶ場合には、距離などにもよりますが、早ければその日のうちに届けてもらえる場合もあります。
距離が遠くなる場合には、その日のうちが無理でも翌日には届けてもらえるケースもあるかと思います。

しかし陸続きではなく、フェリーを使って運ぶとなれば、さらに日数がかかることになりますので、日程の確認は確実に行いましょう。
見積もり時にどのくらいの日数がかかるのかを確認しておくことによって、引越し先で困ることがありませんので、確認をしておきましょう。

あまりにも日数がかかる場合には、引越し前の早めに出発をしてもらうようにしておけば、引越し先に早くつくようになりますので、その辺りも業者と相談をしながら決めていく事です。

安全に運んでもらうためにも、信頼できる業者を探して、事故の内容に届けてもらうようにしましょう。

お電話によるご相談もフリーダイヤルでお気軽に